看護師として生きるなら

あこがれの大学生活

看護師になるにはどの学校に行けばいいのか

看護師になるには、まず文部科学省認定の大学・短期大学・専門学校または厚生労働省認定の養成所を卒業しなければなりません。
大学は4年制、短期大学・看護師養成所は3年制、専門学校は3年制または4年制となっています。
卒業すると国家試験の受験資格が与えられ、合格すると看護師になることが出来ます。
学校には3年制と4年制に分かれていますが、3年制は専門技術の習得に特化したカリキュラムになっており、4年制ではそこに一般教養を盛り込んだカリキュラムになっています。
4年制の場合、保健師・助産師の教育課程を受けられるところもあり、卒業後には保健師または助産師の国家試験の受験資格が得られます。
看護師資格の取得だけを考えた場合、得られる免許は上記のどこを卒業しても同じですが、初任給・昇給の面で4年制を卒業した人のほうが早いという傾向があるので、進学の際には資格取得までにかかる授業料なども含めて総合的に判断した学校選びが大切になります。

学校を出たばかりでも大丈夫な看護師転職

看護師の資格を取るパターンは実はいろいろあります。幼い頃からこころざし、大学の看護学部に学ぶ人ばかりではなく、一度社会に出てから資格を取ろうとして学校に入る人もいますし、育児が落ち着いてからあらためてこころざすという人もいます。看護師の仕事を探している人にも、さまざまなキャリア、年齢、家庭環境の人がいるということになります。女性の多い仕事であるため、結婚、出産、育児などによりキャリアにブランクがある人もいます。学校を出てすぐに就職する人がほとんどですが、なんらかの理由ですぐには就職しない人も少数ではありません。そういったさまざまな状況の人でも、看護師不足の現状なので、転職はさほど心配することはありません。インターネットで検索すれば、さまざまな働き方の求人情報が出てきます。特に、ナース専用の転職情報サイトでは、自分のキャリア、条件、勤務形態に合った求人情報をすぐに絞り込んで応募することができて便利です。

注目サイト

キャビンアテンダントの大学
http://www.obirin.ac.jp/professional_arts/business_management/courses/aviation_management_course/airline_hospitality/

最終更新日:2016/7/1