看護師として生きるなら

あこがれの大学生活

看護師のやりがいは3つある

看護師のやりがいは3つあります。1つは患者さんに喜んでもらえることで、病気の良くなった患者さんの笑顔を見ると、この仕事のやりがいを実感できます。病気の患者さんは不安を感じたり、自分の病気のことを心配していますが、看護師の献身的な看護によって不安や心配を少しでも小さくできます。これは医師にはできないことであり、看護師の重要な仕事の一つと言えるでしょう。もう一つのやりがいは給料です。この仕事は他の仕事にくらべて給料が高くなっています。体力と精神力を使う大変な仕事なので、給料が高いのは当たり前だと言えるのですが、高い報酬を手にした時は満足感を感じることができます。お金がたくさんもらえたと言うことよりも、自分の仕事を認められてそれに見合った報酬を手にしたと言う喜びを感じられます。3つ目のやりがいは、命を守ることです。看護師の方がいなかったら失われてしまう命は多いでしょう。この世の中で最も大切な仕事の一つです。

看護師の仕事とやりがいについて

看護師の仕事はとても大変というイメージを多くの方が持っています。
大変な仕事でありながらも、多くの看護師が看護の仕事を一生の仕事として頑張っているのは、やはりやりがいを感じているからに違いありません。
看護師といえば、ナイチンゲールが非常に有名で、白衣の天使というのもナイチンゲールの看護の姿から連想されて言われるようになったものです。彼女は人生を傷病者の看病をする事に捧げました。
看護師を目指す方の中には、ナイチンゲールを尊敬して、彼女のようになりたいとの思いを抱いている方も多くいらっしゃいます。
とても大変な看護の仕事に誇りを持ち、患者様に感謝される事により、やりがいを感じながら、日々懸命にみなさん働いています。
人の命を預かる仕事である分、責任も重いのですが、看護の仕事は患者さんのお世話も毎日する事により、信頼関係も築けますし、看護をしていく事により、患者さんにできることが増えていったりと、とても感謝される仕事でもあります。
やりがいをとても実感できる、素晴らしい仕事です。

check

電子定款を作成する

Last update:2017/6/9